グラフィック比較




 

 

攻略


 

その他




バランス調整

1.01~1.02
初期バージョン。
強いキャラは何もかも強く、弱いキャラはとことん削る激しい性能差。
以降もこのランク設定には基本的に変化が無く、少しずつ中央に寄せる方向性になっている。
K´、ナコルル、舞、レオナ、紅丸、マチュア、ロバート、ラブ、アテナ、ユリ、キング、バースなどが
分かりやすく強かったキャラ。

画面が広く、緊急回避と飛び道具が強い。
性能的にも立ち回りキャラが強く、崩しキャラが弱い傾向にあり、
守りきることを重視したゲーム性になっている。

チョイとチャンは何もできないレベルで弱い。
無敵の無い強タイガーキック、発生が遅いだけの弱アルゼンチンなど、
本来あった性能が削られた跡も見て取れる。

1.03~1.12 
1.03で一度目のバランス調整。
全体的な傾向としては以下の通り。

・切り替え中段(F式)の削除
・投げ無敵中の緊急回避の投げ無敵削除
・飛び道具の判定縮小
・三角飛びの弱体化
・しゃがみに当たるハイキック系遠Dの弱体化
・強キャラのコンボダメージ減少
・弱キャラをある程度強化

緊急回避と飛び道具の弱体化により、立ち回り偏重のゲーム性が少し緩和されている。

特に使用率の高かったK´とナコルルは全体的に削られた。
アテナ、キング、ラブなど依存度の高い技が弱体化したキャラは使用率が落ちた。

通常技の強さがそのまま残ったレオナ、遠Bの弱点が消えたクーラ、遠D発動の強い庵、
2B-遠B発動の安定度100%なK´とロバート、立ち回りに変化の無いユリや舞など、
弱体化が少なく使いやすいキャラの使用率が高くなった。

弱キャラの中ではガンイルが大幅に改善され今に近い完成度になった。
チャンとチョイもまともに使えるレベルに引き上げられている。

2.00~2.01
DLC4キャラ追加と同時に行われた二度目のバランス調整。
アーケードの稼動もこのバージョンから。

発動でコンボが届くリーチに格差があったことから、発動ダッシュの速度が均一化された。
弱攻撃発動が不安定だったキャラに恩恵が大きく、
遠C、遠Dが横に強いキャラもコンボチャンスが増えて強化となった。

逆にK´、ロバート、バンデラスは個別に遠Bが修正され、遠B発動が進まなくなった。
K´は遠B発動の依存度が高かったため使用率が落ちた。

体力差が設けられた。
基本的には大型キャラが高く、女キャラは低くでイメージに合わせるようになっているが、
ロバート、紅丸、K´が950だったり、アリス、アンヘル、シルヴィが1000だったりで
設定されているランクが垣間見える。

空振りに対するしゃがみガードモーションにあった投げ無敵が削除。
空ジャンプからの投げがやりやすくなった。

強化されたのは京、バンデラス、クラーク、シルヴィ、アンヘル、ムイムイなど。
京はEXR.E.Dが立ち食らい限定という制約が無くなった。
2B-遠B発動の強化、元から遠Dが強いとコンボの安定化は大きく、使用率が上昇した。
座高の低い女キャラが弱体化傾向にあり、奈落の機能する相手が増えたのも追い風。

・レオナが強めの弱体化
・ロバートとK´は2B-遠B発動の優位が消滅
・舞は遠C、遠Dが発動向きではない
・体力900では大将に起用しづらい

あたりの理由から、弱体化が少なく遠D発動が強い紅丸と庵の使用率が上昇した。
初期から少しずつ強化され、発動強化の恩恵も大きい大門やビリーも採用されやすくなった。


ツイートボタン