グラフィック比較




 

 

その他




バランス調整

1.01~1.02
初期バージョン。
強いキャラは何もかも強く、弱いキャラはとことん削る激しい性能差。
以降もこのランク設定には基本的に変化が無く、少しずつ中央に寄せる方向性になっている。
K´、ナコルル、舞、レオナ、紅丸、マチュア、ロバート、ラブ、アテナ、ユリ、キング、バースなどが
分かりやすく強かったキャラ。

画面が広く、緊急回避と飛び道具が強い。
性能的にも立ち回りキャラが強く、崩しキャラが弱い傾向にあり、
守りきることを重視したゲーム性になっている。

チョイとチャンは何もできないレベルで弱い。
無敵の無い強タイガーキック、発生が遅いだけの弱アルゼンチンなど、
本来あった性能が削られた跡も見て取れる。

1.03~1.12 
1.03で一度目のバランス調整。

緊急回避の投げ無敵削除と飛び道具の弱体化により、
立ち回り偏重のゲーム性が少し緩和された。

使用率の高かったK´とナコルルは全体的に削られた。
アテナ、キング、ラブなど依存度の高い技が弱体化したキャラは使用率が落ちた。

通常技の強さがそのまま残ったレオナ、遠Bの弱点が消えたクーラ、遠D発動の強い庵、
2B-遠B発動の安定度100%なK´とロバート、立ち回りに変化の無いユリや舞など、
弱体化が少なく使いやすいキャラの使用率が高くなった。

弱キャラの中ではガンイルが大幅に改善された。
チャンとチョイもまともに使える性能に引き上げられている。

2.00~2.01
DLC4キャラ追加と同時に行われた二度目のバランス調整。
アーケードの稼動もこのバージョンから。

発動ダッシュの速度が均一化され、ほとんどのキャラが高速化となった。
長い弱攻撃の先端から届くようになったキャラは恩恵が大きく、
横に強い遠C、遠Dを持っているキャラもコンボチャンスが増えた。

遠B発動から必ず近距離攻撃を出せたK´、ロバート、バンデラスは個別の修正で前に進まなくなった。
ダッシュの均一化でほとんどのキャラは遠B発動が強くなっているため
いまいち整合性が取れていない。

体力差が設けられた。
大型キャラ、男キャラ、女キャラのイメージで分かれ、更に性能による増減が入っている。

強化されたのは京、バンデラス、クラーク、シルヴィ、アンヘル、ムイムイなど。
京は発動コンボのダメージが安定しない欠点が無くなり、
遠B発動が届きやすくなったこと、元から遠Dが強いことと合わせて大きな強化となった。

単発の遠Bより遠C,D発動が牽制のメインになってコンボによるダメージの比率が上昇。
牽制のバランスが変化し、低体力だと殺しきりを受けやすいという要素も加わった。
この変化に相性の悪い舞やK´は使用率が大きく下がり、
相性の良い紅丸と庵の使用率が上昇した。


ツイートボタン